明治から昭和初期の絵葉書でみる日本の風景

メニューを表示

手彩色絵葉書

> 詳しくはこちらをクリック <

検索結果(115件)

【福岡県】(門司十二景)門司市堀川鉄橋

堀川は昭和初期から暗渠化され、現在は道路となっている。(明治後期〜昭和初期撮影)

【福岡県】東公園

(明治後期撮影)

【福岡県】大正十一年の春皇太后陛下福岡へ行啓の際東公園御通の時拝写

昭和天皇(当時皇太子)がヨーロッパ親善訪問から帰還されたお礼の参拝に貞明皇后が香椎宮へ行啓された際の様子。香椎宮境内に貞明皇后行啓記念碑が建てられている。(大正11年撮影)

【福岡県】(福岡百景)名島の風光

名島神社の鳥居が見える。(明治後期〜昭和初期撮影)

【福岡県】小倉名勝 紫川

(昭和初期撮影)

【福岡県】箱崎浜の灯台

筥崎宮参道入口。うしろに写る洋館は抱洋閣。(明治後期撮影)

【福岡県】筑前津屋崎活州場全景

(明治後期〜昭和初期撮影)

【福岡県】福岡西公園下小田部の藤

(明治後期〜昭和初期撮影)

【福岡県】(筑前)宗像郡津屋崎海水浴場

(明治後期〜昭和初期撮影)

【福岡県】埋立地より海水浴場及渡山遠景(津屋崎名所)

(明治後期〜昭和初期撮影)

【福岡県】筑前香椎潟

西公園、鵜来島が見える。香椎潟(香椎浜)の埋立が進み、現在ではこの光景は見ることができない。(明治後期撮影)

【福岡県】(福博名所)西公園 平野先生銅像

大正4年建立の平野国臣銅像。この銅像は第二次世界大戦時、金属供出させられたが戦後に再建された。現在の西公園の平野国臣は二代目。(大正〜昭和初期撮影)

【福岡県】(福岡名所)西中洲水上公園

大正12年12月に昭和天皇のご成婚を記念して作られた公園。「記念公園」という別名でも呼ばれた。一番左側にある建物は現在も残る赤煉瓦文化館。(大正後期〜昭和初期撮影)

【福岡県】(筑前名島)名島公園より多々良川を望む

左奥に名島橋が見える。(昭和3年頃撮影)

【福岡県】小倉競馬場倶楽部

(昭和初期撮影)

【福岡県】門司市外 赤坂延命寺山

現在住宅街となっている小倉北区の延命寺周辺はかつて赤坂山からの風光明媚な眺めが有名な場所であった。延命寺公園、共楽園などがあり、娯楽施設として栄え、菊人形も名物だった。また、桜の名所としても知られた。路面電車の走る時代には「延命寺」停留所があった。(明治後期〜大正時代撮影?)

【福岡県】(福岡名勝)名島の風光

名島神社近くにかつてあった島「妙見島」古くから名所として知られ、名島城があった時代には秀吉が茶会を行ったという伝承も残る。妙見島はその後埋め立てによって消滅。埋め立てられた場所は現在みなと100年公園になっている。(昭和初期撮影)

【福岡県】西公園加藤司書徳成銅像

加藤司書は幕末の勤皇の志士。開国を迫ったロシア艦隊を退去させたり、幕府の長州征伐を中止させるなどの功績を残したが、佐幕派からの弾圧で切腹させられた。昭和4年に西公園に銅像が建てられたが戦時中の金属供出で無くなり、現在は台座のみが残る。(昭和初期撮影)

【福岡県】九水北筑軌道沿線名勝 加布里箱島

福岡市から唐津へ向かう202号線沿い、船越湾の突き出た箱島は古くから景勝の地として知られた。大正から昭和初期には料亭が建てられたりもしていた。柳原白蓮がこの箱島をいたく気に入り島ごと買って欲しいと、夫で炭鉱王の伊藤伝右衛門にねだったという逸話も残る。(大正〜昭和初期撮影)

【福岡県】福岡夏の楽天地 ももち海水浴場

よかトピア通りは旧海岸線で百道海水浴があった。1989年に開催されたアジア太平洋博覧会(よかトピア)の際に埋め立てられて現在の形となった。ちなみにサザエさんの作者の長谷川町子はここの海岸を散歩している時にサザエさんの構想を思いついたと言われる。(昭和10年代撮影?)

【福岡県】四季行楽の人で賑わう西公園の登り口

光雲神社参道、西公園入り口。西公園は福岡市の代表的な観光名所だった。古い観光案内などを見ると風光明媚な場所として紹介されており、写真も多く残されている。西公園入り口の道には博多人形や観光絵葉書を販売する土産物屋も複数あったようだ。(昭和初期撮影)

【福岡県】福岡市記念動植物園正門

現在の馬出小学校付近にあった動植物園。昭和8年開園、昭和19年戦局悪化のため閉園。正門は現在でも馬出小学校に残っている。(昭和初期撮影)

【福岡県】(福岡と博多名所)翠緑色濃き西公園より望む博多湾の風光

中央に見える小島は鵜来島。海の中道や志賀島も見える。かつては西公園は景勝の地として知られた。(昭和初期撮影)

【福岡県】福岡西公園下小田部の藤

西公園へとむかう光雲神社参道にある福岡バプテスト教会の場所にあった藤園。終戦直後まであり、名所として知られた。(明治44年頃撮影)

【福岡県】(博多名所)東公園入口

正面奥に見えるのは昭和3年に建てられた武徳殿。1981年の県庁移転の際に取り壊された。屋根の両側に置かれていた鴟尾は現在福岡市博物館に収蔵されている。写真両側に写る灯篭は現在でも残っている。(昭和初期撮影)

絵葉書詳細検索
> 現在の登録数:999枚

Y氏(山田孝之)
運営:Y氏は暇人
facebook Twitter instagram
明治〜昭和初期の九州・山口の絵葉書を収集しています。著書:福岡路上遺産(海鳥社)、福岡穴場観光(書肆侃侃房)
ページトップへ戻る