明治から昭和初期の絵葉書でみる日本の風景

メニューを表示

手彩色絵葉書

> 詳しくはこちらをクリック <

検索結果(29件)

【福岡県】官幣大社箱崎宮 境内千代の松原大鳥居高籠楼
【福岡県】官幣大社箱崎宮 一の鳥居
【福岡県】主基斎田脇山村横山神社
【福岡県】官幣大社箱崎宮 汐井参道
【福岡県】主基斎田脇山村天満宮
【福岡県】官幣大社香椎宮
【福岡県】官幣大社宗像神社
【福岡県】筑前箱崎八幡宮
【福岡県】(福岡霊地)官幣中社箱崎宮御本殿
【福岡県】福岡西公園 光雲神社神殿
【福岡県】神社掃除
【福岡県】(福岡名刹)博多大佛
【福岡県】(門司名所)八幡宮
【福岡県】小倉名所 赤坂延命寺
【福岡県】筑前官幣大社香椎宮頓宮
【福岡県】神武宮(筑前蘆屋)
【福岡県】(福岡名所)西公園黒瀬稲荷より鵜来島を望む
【福岡県】(福岡と博多名所)賽人絶いざる西公園光雲神社
【福岡県】(門司名所)筆立山下 県社甲宗八幡宮
【福岡県】箱崎八幡宮敵国降伏楼門 行在所
【福岡県】筑前宮地嶽神社前(常盤町)

宮地嶽神社参道、光の道。(明治後期〜昭和初期撮影)

【福岡県】福岡西公園 光雲神社前鳥居

光雲神社参道に現在も残る鳥居。(明治43年頃撮影)

【福岡県】官幣大社筥崎宮 境内千代之松原大鳥居高燈籠

国道3号線沿いにあった大鳥居。田川市の初代市長を務めた林田春次郎氏が昭和5(1930)年に寄進して建立。扁額の文字は当時の福岡県知事であった松本学氏によるもの。2018年4月解体。(昭和初期撮影)

【福岡県】(福岡百景)西公園の海岸

西公園の北端にある黒瀬神社。かつては黒瀬神社の場所が海岸線であった。そのため、漁師が漁に出る前に安全祈願に訪れていた。昭和30年代に埋め立てられ北側は水処理センターなどが設置されている。右側に写っているのは鵜来島で、ここは埋め立てられず島として現存。(大正から昭和初期撮影)

【福岡県】(福博名所)箱崎八幡宮汐井浜(筥崎宮)

現在の国道3号は旧海岸線。古い写真に写る灯籠は博多湾の灯台としても使われていたもので現在も3号線脇に残っている。写真奥(灯籠の右)の建物は明治43年の第13回九州沖縄八県連合共進会の際に作られた箱崎水族館。(明治後期撮影?)

【福岡県】福岡県護国神社大鳥居

神社を遷座させた際、広い境内に見合う大きな鳥居が必要ということで台湾から運んで来た巨大な檜を使用。遷座祭に間に合わせるために整形せず原木のまま建てたので、木の材質がよくわかる特徴的な鳥居になっている。(福岡市中央区ホームページ参照)(昭和18年頃撮影)

【福岡県】(福岡名所)光雲神社(西公園)

空襲で焼失前の旧拝殿(昭和初期撮影)

【福岡県】(福岡名所)西公園光雲神社拝殿

福岡藩祖黒田如水(龍光院殿)と初代藩主黒田長政(興雲院殿)を祀る神社。この絵葉書の拝殿は福岡大空襲の際に焼失。(昭和初期撮影)

【福岡県】(筑前)太宰府天満宮金鳥居

天明元年〜昭和18年まであった青銅の鳥居。唐津藩の豪商、常安九右衛門保道によって奉献された。第2次世界大戦の際に金属供出によってなくなる。(明治後期〜大正時代撮影)

絵葉書詳細検索
> 現在の登録数:999枚

Y氏(山田孝之)
運営:Y氏は暇人
facebook Twitter instagram
明治〜昭和初期の九州・山口の絵葉書を収集しています。著書:福岡路上遺産(海鳥社)、福岡穴場観光(書肆侃侃房)
ページトップへ戻る